本文へスキップ
  

 日本モーツァルト愛好会は、
 1980年創立


新着情報news

2018年2月12日
次回例会案内を更新しました
2018年2月13日
ヴォルフィーくんの例会レポートUP!
2018年1月22日
会員向けお知らせページを更新しました



公式インスタグラム
アカウント
 
≪nihon_mozart_aikoukai≫



皆さまからの、フォロー&
お待ちしています!
また、「#日本モーツァルト愛好会」には、
皆さまからの投稿が可能です。
出演者の方々や、
会員同士の交流の場としてご活用ください。



 

ヴォルフィーくんの小部屋


日本モーツァルト愛好会アンバサダー
ヴォルフィーくん




♪第459回 2018//1/202レポート♪
モーツァルトは生命(いのち)の輝き


[出演:梯 剛之(Pf)]

こんにちは!
まだまだ寒いですが、みなさまお元気ー?

1月の東京の大雪はびっくりでしたね。
僕は積雪の中散歩に出かけたら、
体高まですっぽり雪に埋まっちゃった!
前に進めない!
それを見て
「雪かきならぬ、犬かき!」なんて
笑われちゃったよ・・
いや〜、ホントびっくり((+_+))


さて新春の例会では
盲目のピアニストとして
国内外で活躍中の
梯剛之さんをお迎えしました♪



まず1曲目は僕の大好きな
ロンドイ短調k.511・・

知らない人が聴いたらショパンの曲だと
思われそうなメランコリックな曲だよね〜

でもショパンだったら
派手に展開していきそうだけど(笑)
途中バッハを思わせるような節もありつつ
最後まで「ご先祖の飼い主」らしい
旋律の美しさで勝負!と、
バリエーションの豊かさが光る名曲だワン♪

そんなこの曲の魅力を
再確認させていただいた演奏でした〜

サルティの主題による8つの変奏曲は、
あまりにもシンプルでかわいらしいテーマを
選ぶところがご先祖の飼い主らしいワン!
そして
変奏曲の完成度で右に出る者はいないワン!

ソナタからはK576,330,332
いずれも軽快なテンポで
いきいきと、力強い
春の生命“いのち”の輝きを感じられたワン!



とっても気さくな梯さん♪

興味深いトークでは、
曲を覚える方法を教えていただきました。

とっても大変な工程という印象を受けたけど、
鋭い音感をお持ちの梯さん、
きっとすぐ覚えちゃうんだろうな〜



会場のルーテル市ヶ谷は
とってもいい響きを持つホールだワン!





梯さんには
演奏会終了後
新年会にもご参加いただきました。

毎年恒例のモーツァルトクイズに
梯さんも参戦!

今年は戌年!
僕のご先祖さまの問題も出題されたワン!

問題
『モーツァルト家のペット
ビンベス(愛称ビンペル)の犬種は
なんだったでしょう!』

1.アーフェンピンシャー
2.ジャーマンスパニエル
3.ビーグル
4.フォックステリア

わかるかな〜?



正解は・・・

4.フォックステリアでしたー!
ちなみに僕は
マルチーズとヨークシャーテリアの
ミックスだワン!

梯さんステキな演奏を
どうもありがとうございます♪  

By ヴォルフィー



≪プロフィール≫
かつてモーツァルト家で飼われていた犬、
ビンペルルの末裔(自称)
モーツァルトの音楽と、
ササミを、こよなく愛する
日本モーツァルト愛好会のアンバサダー!

皆さまからのお問い合わせを
お待ちしています。

○○○○○○○○○○○○○○○日本モーツァルト愛好会

日本モーツァルト愛好会のホームページへようこそ。

日本モーツァルト愛好会は、
『ツウの方も、ツウでない方も、楽しめる会』をモットーにしています。

モーツァルトは、父レオポルトに宛てた手紙の中で、出来上がった曲について、
こう記しています。
『・・あちこちに音楽通だけが満足を覚える箇所もありながら、それでいて、
 通でない人にも、なぜか知らないながらも、きっと満足するものです・・』


そんなモーツァルトの、自らの楽曲に対する思いを、私たち日本モーツァルト愛好会のモットーとし、どんな方でも楽しめる会として活動しています。

また、モーツァルトを通じて、幅広い年代での交流があります。

開催の多い「光が丘美術館」での例会は、ベーゼンドルファーから扇型に客席を配置し、出演者との距離がより身近に感じられる『サロン風コンサート』です。
楽しいインタビューコーナーも交え、当会でしか味わうことの出来ない貴重な演奏会となっています。

さらに!毎回、終演後には、出演者をご招待して懇親会を行っています。

年に数回は、音楽ホールでのオペラオーケストラの鑑賞も企画しています。

まずはお気軽に、
お試し参加から始めてみませんか?
お試し参加は、初回の例会へ
無料ご招待させていただきます。

日本モーツァルト愛好会の案内チラシはこちら(画像をクリックすると拡大で開きます)

           

次回例会のご案内topics


 日本モーツァルト愛好会事務局

TEL
 代表 朝吹 英和 
090-1601-9944
 副代表 吉田 智子 090-8045-3968
 副代表 吉野 義夫 080-5010-2494

第460回例会 会員発表
「歌劇『皇帝ティトの慈悲』について」
「モーツァルトの音楽はどうしてこんなに美しいのか」

   
日時:2月24日(土) 14:00開演
場所:ルーテル市ヶ谷会議室



第461回例会 
「オペラ界の貴公子!魅惑の歌声と共に」
    〜愛すべき登場人物のエッセンス〜

日時
:3月18日(日) 14:00開演
場所:光が丘美術館
出演:近藤 圭(こんどう けい)バリトン
   山口 清子(やまぐち きよこ)ソプラノ
   大藤 玲子(おおふじ れいこ)ピアノ

プロフィール
近藤圭
国立音楽大学卒業。同大学院、新国立劇場オペラ研修所修了。ハンブルクで研鑽を積む。東京二期会『ドン・ジョヴァンニ』マゼット、新国立劇場オペラ研修所公演『カルディヤック』(日本初演)タイトルロール、新国立劇場『魔笛』パパゲーノ、日生劇場『ラ・ボエーム』ショナール等に出演し常に高い評価を得ている。バリトンの若きスターとして注目の逸材。二期会会員。




第462回例会
モーツァルトを愛好する若手演奏家シリーズ15」
     〜春を告げるオーボエの風〜

日時
:2018年4月15日(日) 14:00開演
場所:光が丘美術館
出演:荒木 奏美(あらき かなみ/オーボエ)
   坪井 夏美(つぼい なつみ/ヴァイオリン)
   鈴村 大樹(すずむら たいき/ヴィオラ)
   渡部 咲耶(わたべ さくや/ヴィオラ)
   矢部 優典(やべ ゆうすけ/チェロ)



第463回例会
「世界で活躍する三姉妹のワクワク・モーツァルト」


日時:2018年5月12日(土) 14:00開演
場所:光が丘美術館
出演:フジタ・ピアノトリオ



        

newpage3.htmlへのリンク