本文へスキップ


  


 日本モーツァルト愛好会は、
 1980年創立

新着情報news

2018年7月8日
次回例会案内を更新しました
2018年7月8日
ヴォルフィーくんの例会レポートUP!
2018年5月6日
会員向けお知らせページの、アマデウス通信を更新しました



公式インスタグラム
アカウント
 
≪nihon_mozart_aikoukai≫

皆さまからの、フォロー&
お待ちしています!
また、「#日本モーツァルト愛好会」には、
皆さまからの投稿が可能です。
出演者の方々や、
会員同士の交流の場としてご活用ください。

 

ヴォルフィーくんの小部屋


日本モーツァルト愛好会アンバサダー
ヴォルフィーくん


♪第464回 2018/6/23レポート♪
深遠なるモーツァルトの魂を歌う
〜新進気鋭の若手音楽家たちが
魅せる世界〜

出演:小堀 勇介さん(テノール)
雨笠 佳奈さん(ソプラノ)
久保山 菜摘さん(ピアノ)

こんにちは!
暑い日が続きますが、
皆様おかわりございませんか?
あまりに暑くて
僕のお散歩はもっぱら夜のみですけどね・・
くすん

さて、今回ご出演の小堀勇介さんは、
熱いリクエストにお応えして
再登場!2回目のご出演となりました♪

安定した若手実力派として
ご活躍中です♪

そして、
小堀さんの後輩である雨笠さんと、
息のぴったり合った久保山さんは初登場♪



音楽家のみなさんにとって、
いかに共演者との一体感を構築し
それをどこまで高めていくか、
それはとても大切なことで、
同時に大変なことなんでしょうね・・

その完成形ともいえるような
素晴らしい演奏会でした♪



今回は、
小堀さん自ら、楽曲を解説いただきました!

楽しいトークも交えて進みます♪



雨笠さんは、小堀さんの母校
国立音楽大学の後輩になるそうで、
二期会オペラ研修所所属。

期待の歌姫だね♪

「コジ・ファン・トゥッテ」からでは
フェランドに陥落してしまう
フィオルディリージに僕も溜息・・
うぅぅぅ・・・
オンナってワカラナイ!


そしてあまり普段演奏されない
「哀れな男よ、夢かうつつか」k.431

小堀さんの歌声に
切なさがこみ上げてきちゃった・・涙

天才アマデウスの楽曲には
まだまだ隠れた名曲がたくさんあることを
再確認しちゃった名曲でした!

聴いたことがない方は
ぜひ一度聴いてみてね♪



久保山さんには
きらきら星の独奏もご披露いただきました♪

きらきら星は
知らない人はいないほど有名な曲ですが
その愛らしいモチーフから
簡単な曲と思っていませんか!?

それは大間違い(笑)

この完全なる変奏曲には、
実はピアノのテクニックのすべてが
網羅されているといわれていて
この曲を弾きこなして一人前、
逆に言えば技術がない人には弾けない
難しい曲なんだよね〜

こんな完成度の高い変奏曲は
僕のご先祖の飼い主アマデウスさんにしか
作れませんよ〜
ブラボー!



とても仲の良いご出演者のみなさん♪

それが聴き手にも伝わってくるような
ステキな演奏会でした♪





新進気鋭の若手スターのみなさん
ステキな演奏をありがとうございます♪

  
By ヴォルフィー



≪プロフィール≫
かつてモーツァルト家で飼われていた犬、
ビンペルルの末裔(自称)
モーツァルトの音楽と、
ササミを、こよなく愛する
日本モーツァルト愛好会のアンバサダー!

ボクも皆さまからのお問い合わせを
お待ちしていますよ〜!


○○○○○○○○○○○○○○○日本モーツァルト愛好会

日本モーツァルト愛好会のホームページへようこそ。

日本モーツァルト愛好会は、
『ツウの方も、ツウでない方も、楽しめる会』をモットーにしています。

モーツァルトは、父レオポルトに宛てた手紙の中で、出来上がった曲について、
こう記しています。
『・・あちこちに音楽通だけが満足を覚える箇所もありながら、それでいて、
 通でない人にも、なぜか知らないながらも、きっと満足するものです・・』


そんなモーツァルトの、自らの楽曲に対する思いを、私たち日本モーツァルト愛好会のモットーとし、どんな方でも楽しめる会として活動しています。

また、モーツァルトを通じて、幅広い年代での交流があります。

開催の多い「光が丘美術館」での例会は、ベーゼンドルファーから扇型に客席を配置し、出演者との距離がより身近に感じられる『サロン風コンサート』です。
楽しいインタビューコーナーも交え、当会でしか味わうことの出来ない貴重な演奏会となっています。

さらに!毎回、終演後には、出演者をご招待して懇親会を行っています。

年に数回は、音楽ホールでのオペラオーケストラの鑑賞も企画しています。

まずはお気軽に、
お試し参加から始めてみませんか?
お試し参加は、初回の例会へ
無料ご招待させていただきます。

日本モーツァルト愛好会の案内チラシはこちら
(画像をクリック後、さらに「ファイルを開く」をクリックしてご覧ください)


     

次回例会のご案内topics


 日本モーツァルト愛好会事務局

TEL
 代表 朝吹 英和 
090-1601-9944
 副代表 吉田 智子 090-8045-3968
 副代表 吉野 義夫 080-5010-2494

第465回例会
「歌姫ナンシー・ストレースへのオマージュ」
 〜新発見のカンタータK.477aを巡って〜

日時:2018年7月21日(土) 14:00開演
場所:ルーテル市ヶ谷会議室
出演:野口 秀夫先生(神戸モーツァルト研究会代表)

内容:カンタータ『オフェーリアの健康回復に寄せて』k.477aは、3人の作曲家(モーツァルト、サリエリ、コルネッティ)による共作ですが、紛失したとされていた楽譜が2015年に、230年ぶりに発見されました。
新発見の経緯、ヨーゼフ2世によるイタリアオペラ改革、歌姫の不調と復帰、共作者コルネッティとは誰か(謎解き)等さまざまな視点から、国際的なモーツァルト研究家である野口秀夫先生(神戸モーツァルト研究会代表)にお話しいただきます。

第466回例会
「モーツァルトを愛好する若手演奏家シリーズ16
 〜親密なアンサンブルによる内面への旅〜」

日時:2018年8月11日(土) 14:00開演
場所:文化シヤッターBXホール
出演:土屋 杏子(つちや きょうこ/ヴァイオリン)
   伊東 真奈(いとう まな/ヴァイオリンU)
   樹神 有紀(こだま ゆき/ヴィオラ)
   矢口 里菜子(やぐち りなこ/チェロ)



第467回例会
「18世紀音楽サロンへの誘い
 〜バロック・ヴァイオリン&フォルテピアノと共に〜」

日時:2018年9月16日(日) 14:00開演
場所:光が丘美術館
出演:天野 寿彦(あまの としひこ/ヴァイオリン)
   宮ア 貴子(みやざき たかこ/フォルテピアノ)



第469回例会
「モーツァルトの洗練されたピアニズム
 〜ベーゼンドルファーの描く光と影〜」

日時:2018年11月18日(日) 14:00開演
場所:光が丘美術館
出演:平澤 匡朗(ひらさわ まさあき)



第471回例会
「ドラマチックなオペラが開くニューイヤー
 〜ディーヴァ&ディーヴィ、初台に降臨!〜」

日時:2019年1月19日(土) 14:00開演
場所:東京オペラシティリサイタルホール(B1)
出演:今井俊輔(バリトン)遠藤紗千(ソプラノ)
   松岡幸太(テノール)濱野基行(ピアノ)

newpage3.htmlへのリンク