本文へスキップ


  


 日本モーツァルト愛好会は、
 1980年創立

新着情報news

☆2018年11月3日
次回例会案内を更新しました
☆2018年12月4日
ヴォルフィーくんの例会レポートUP!
☆2018年5月6日
会員向けお知らせページの、
アマデウス通信を更新しました



公式インスタグラム
アカウント
 
≪nihon_mozart_aikoukai≫

皆さまからの、フォロー&
お待ちしています!
また、「#日本モーツァルト愛好会」には、
皆さまからの投稿が可能です。
出演者の方々や、
会員同士の交流の場としてご活用ください。



 

ヴォルフィーくんの小部屋


日本モーツァルト愛好会アンバサダー
ヴォルフィーくん


♪第469回 2018/11/18レポート♪

「モーツァルトの洗練されたピアニズム」
〜ベーゼンドルファーの描く光と影〜

出演:平沢 匡朗(ひらさわ まさあき)さん
(ピアノ)

ヴォルフィーファンのみなさん!
こんにちは!

だんだんと寒くなってきましたけど
風邪なんてひいてないよね?
え?ボク?
ボクはアマデウスの音楽で、
身も心もあたたか〜♪
免疫力UP↑だよ!
\(^o^)/

さて今回は、
ピアニスト平沢匡朗さんをお迎えして、
ピアノソナタを中心に
多彩なラインナップでお送りしました♪




どんなに多彩かというと・・・

「ドゼードの“リゾンは森で眠っていた”の主題による9つの変奏曲」K.264、

ピアノソナタ第8、15、18番、

ピアノソナタ断章K.312、

B.シャックの“女ほど素敵なものはない”の
主題による8つの変奏曲K.613、

自動オルガンのためのアンダンテK.616

ね〜!
ヽ(^。^)ノ
プログラムきいただけでワクワクしちゃう!

平沢先生のモーツァルト音楽に対する
海よりも深ーい造詣ならではです〜!



さすが平沢先生です!
ボクの好みをわかっていらっしゃるワン♪
え?
きいてない?



平沢先生による、
曲目解説までしていただきました。

その中で
「変奏曲とは当時の即興演奏を楽譜に書き留めたもの、という説をきいたことがある」
というのがあったけど、
なるほど納得しちゃうな〜

だって、僕のご先祖様の飼い主、
アマデウスは、ピアノの腕も
天才だったんだからね。



そして傑作ソナタ第8番。

平沢先生のお言葉を引用させていただきます。

〜なかなか理屈では
説明することが出来ないようにも思うが、
モーツァルトの短調作品は、
確かに同時代の他の作曲家のものとくらべてもその響きの印象は他に求め難い、痛切というか心の奥を揺り動かす強いものがある。
これこそ、モーツァルトの天才たる所以といってしまえば簡単なのだが・・・〜



深く心に響いたワン!
(T_T)



平沢先生、
素敵な演奏&レクチャーを
ありがとうございます。

アマデウス万歳!
(^O^)/

甘美なひとときをありがとう・・・

  

By ヴォルフィー




≪プロフィール≫

かつてモーツァルト家で飼われていた犬、
ビンペルルの末裔(自称)

モーツァルトの音楽と、
ササミを、こよなく愛する
日本モーツァルト愛好会のアンバサダー!

ボクも皆さまからのお問い合わせを
お待ちしていますよ〜!


○○○○○○○○○○○○○○○日本モーツァルト愛好会

日本モーツァルト愛好会のホームページへようこそ。

日本モーツァルト愛好会は、
『ツウの方も、ツウでない方も、楽しめる会』をモットーにしています。

モーツァルトは、父レオポルトに宛てた手紙の中で、出来上がった曲について、
こう記しています。
『・・あちこちに音楽通だけが満足を覚える箇所もありながら、それでいて、
 通でない人にも、なぜか知らないながらも、きっと満足するものです・・』


そんなモーツァルトの、自らの楽曲に対する思いを、私たち日本モーツァルト愛好会のモットーとし、どんな方でも楽しめる会として活動しています。

また、モーツァルトを通じて、幅広い年代での交流があります。

開催の多い「光が丘美術館」での例会は、ベーゼンドルファーから扇型に客席を配置し、出演者との距離がより身近に感じられる『サロン風コンサート』です。
楽しいインタビューコーナーも交え、当会でしか味わうことの出来ない貴重な演奏会となっています。

さらに!毎回、終演後には、出演者をご招待して懇親会を行っています。

年に数回は、音楽ホールでのオペラオーケストラの鑑賞も企画しています。

まずはお気軽に、
お試し参加から始めてみませんか?
入会をご検討されている方は、外部公演等を除く例会への初回参加を
無料でお試しいただけます。
※印の付いた例会が「お試し参加制度」の対象です。
(お申込みは“入会・お試し参加申し込み”から、またはお電話にて承ります)

日本モーツァルト愛好会の案内チラシはこちら
(画像をクリック後、さらに「ファイルを開く」をクリックしてご覧ください)


     

次回例会のご案内topics


 日本モーツァルト愛好会事務局

TEL
 代表 朝吹 英和 
090-1601-9944
 副代表 吉田 智子 090-8045-3968
 副代表 吉野 義夫 080-5010-2494
第470回例会※
「ヴァイオリン ハープ フルート ピアノによる典雅な調べ
      〜サロンに変身する美術館〜」

日時:2018年12月16日(日)14:00開演
場所:光が丘美術館
出演:物集女 純子(もづめ じゅんこ/ヴァイオリン)
   梅津 三知代(うめづ みちよ/ハープ)
   藤井 亜紀(ふじい あき/ピアノ)
   吉田 雅信(よしだ まさのぶ/フルート)


第471回例会
「ドラマチックなオペラが開くニューイヤー
 〜ディーヴァ&ディーヴィ、初台に降臨!〜」

日時:2019年1月19日(土) 14:00開演
場所:東京オペラシティリサイタルホール(B1)
出演:今井俊輔(バリトン)遠藤紗千(ソプラノ)
   松岡幸太(テノール)濱野基行(ピアノ)
※完売いたしました!



第472回例会※
「モーツァルト最後の交響曲とベートーヴェン最初の交響曲」



日時:2019年2月11日(祝月) 14:00講演
場所:玉川大学音楽教室(町田市玉川学園前)
出演:野本 由紀夫先生



第473回例会※
 会員発表


日時:2019年3月16日(土) 14:00開演
場所:ルーテル市ヶ谷会議室


第474回例会※
「モーツァルトを愛好する若手演奏家シリーズ17
 〜春風そよぐ美術館、ベーゼンドルファーと共に〜」

日時:2019年4月20日(土) 14:00開演
場所:光が丘美術館(練馬)
出演:吉兼 加奈子(ピアノ)



第475回例会
「重要文化財 明日館に響く珠玉の調べ
  〜ピアノと弦楽の協演〜」

日時:2019年5月19日(日) 14:00開演
場所:明日館(みょうにちかん)講堂(池袋)
出演:浅野 真弓(ピアノ)
   クァルテット・エクセルシオ



newpage3.htmlへのリンク